2011年08月01日

S&T TAVOR CTAR-21をひんむいてみる・・その3

続いてバレル編です。

チャンバーもオリジナルの様です。
分解にはチャンバー前部のピンを抜いてアウターバレルから外します。


抜けました。
ちなみにノズルの長さはM4A1用と一緒でした。
バレルも赤いアルマイト、中までしっかりされています。
バレル長はM4A1より5cm程長い415㎜。


チャンバー分解です。
HOPギアの精度は最悪でした。
しかしマルイ用が流用できましたが、HOPレバーはオリジナルの様です。


HOPゴムは8字型です。
良いのか悪いのか分りません。
チャンバーパッキンはクソでした。
一応2点保持のVパッキンでしたが、精度がカスなのでゴミ箱にポイです。



以上で分解終了です。

感想として・・・・
●軽い部類、約3kg
●M16系マグが使える
●樹脂メカボは未知数
●珍しい機種
●イスラエル!!!
●発展性は・・・乏しい?
●安い、マルイガス風呂並

ネタとしても素材としてもいいんじゃないでしょうか。
カラーバリエとして、ODやTAN、クリアーもあるようです。
TAR-21とかM203仕様とか出るかな????
  


Posted by wakanax at 01:27Comments(6)

2011年08月01日

S&T TAVOR CTAR-21をひんむいてみる・・その2

続いてメカボックス編

メカボ左側。
シリンダー下がセレクター、右下が逆転ラッチリリースレバー


メカボ右側。
左がダミーボルトロック、右がトリガー関連。


SP交換が簡単にできるように脱着式です。
表示初速は82m/s、調整はSPカットでした。
おかげでSPガイドに食い込んでます。


メカボのネジはすべてプラスネジ。
裏側はナットが埋めてあるので舐める事はないだろうが、最初からネジ頭は舐め気味・・・


くぱぁと開きます。
グリスべっとりかと思いきあ、ほとんどなし。つーか逆にグリスついてないし。
どーせ洗うからいいけどね・・・


ギアです。
マルイ互換のよーです。メンドイんで比べてません。
それより、軸受がガタガタです。スカスカトロと抜けます。
シム調整なんてあったもんやないし。
でも作動させてみるとそこまでギアノイズ酷くないんよね・・・


ピストンはマルイ互換。
一後方排気の穴が2つ開いてます。
毒毒青グリスがうっすらと。



シリンダーもマルイ互換のよう。
中も外も赤いアルマイト処理。無駄に豪華。


スイッチはマルイ式ではなく、プッシュスイッチ。
A&K MINIMIと一緒のやつです。名称が浮かばない・・
あとはグリスをふき取って、新しくグリス散布、そのまま組立。

今後、スイッチを国産化、シリコンケーブル化、SP入れ替えを予定。  


Posted by wakanax at 01:08Comments(0)

2011年08月01日

S&T TAVOR CTAR-21をひんむいてみる

S&T TAVOR CTAR-21 Explorer Ver.BKがやっとのこさ届きましたので、
早速脱がしてみます。



コッキングハンドルを引くと、ボルトオープンしロックさせときます。
赤いシリンダーがチラリズム。
一応コッキングハンドル&カートディフレクター&ポートカバーは左射手用に入れ替えできます。
ちなみにポートカバーはアルミ製で、外装の数少ない金属部品です。



先ずはフロントから。
ハンドガードの左側のボタンを押しつつずらすと外れます。
ここにミニバッテリーが入ります。
9.2Vのミニがギリで入ります。


前のネジ2本と、コッキングレシーバーのピンを抜きます。
実銃では、このピンはフロントスリングスイベルの様ですが、こいつは省略されています。


FサイトセクションとRサイトセクションが前に抜けます。
このRサイトセクションが曲者というかネックなんですが・・・
スライドインで本体に入り、Fサイトセクションで止めているだけなので、
前後左右にガタがあります。特に左右。
ここに光学機器を乗せるので、このガタはいただけません・・要対策です。


次にアウターバレルの基部のネジ4本を取ります。
フリーフロートなので、ここだけで固定されています。
一応アウターバレルはアルミ製。
ハイダーは正ネジのプラスチック、ネジ止めではなくOリングのテンションで固定(G36Cの様に)
これでアウターバレルが取れます。


その下のベースも取ります。
これはアウターバレルと本体の接続と、トリガー&セレクターロッドの固定も兼ねてます。
ブルパップなので、後部から前部へとバッテリーコードが伸びています。
ホットボンドで固定って・・・


トリガーとトリガーロッドのネジを緩めます。
赤丸のピンを抜くとバットプレートが取れます。
青丸のピンを抜くとボルトリリースボタンが取れ、リアスリングスイベル?の黄丸の貫通ネジを取る。


最後にマガジンハウジング内のネジ2本を取る


そうするとメカボクスがズッポリと抜けます。

オリジナル形状?
ARESのコピー?

続く・・・・  


Posted by wakanax at 00:33Comments(3)GUNS